読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渾名をつける人

うちの人は、たびたび私に渾名をつけます。

それが本当に酷くて、意味の分からないものばかりです。


付き合って早々に、まず『小型ミサイル』と名付けられました。

理由は、背が小さいのに歩くのが早いから。あと、よくリュックを背負って、歩き方もあまり肩を揺らさない?歩き方をするから、らしいです。


『膝蹴りの田中』(田中は私の姓です)というのは、膝のお皿が少し尖っているからという理由です。膝蹴りしまくって骨が変形したからだそうです(事実無根)


最近は『棚』と名付けられました。もしくは『ちょうど良い棚』

理由は、うちの人の身長からするとこの背丈はちょうど良い棚と同じ高さ、ということだそうです。

生まれて初めて家具に例えられたので、意味不明を通り越して新鮮さを感じます。


けれども彼は、渾名をつけるたびに「めっちゃしっくり来る!いい渾名!」という感じで、楽しそうにその時名付けた渾名を連呼します。無邪気で微笑ましいです。


しつこく呼ぶので鬱陶しい時もありますが、基本的に悪意がない上に意味が分からなさすぎるので怒る気持ちにはなりません。


私も近頃は遠慮が無くなり、躊躇いなくうちの人を『チンピラ』と呼びます。彼は笑いながら「ハァ?!誰がチンピラじゃ!ぶちころすぞ!」と言います。


チンピラに間違いありません。